交通事故に遭って加害者が走り去った場合は被害届よりも告訴状を提出すべき

自分にはまったく過失がない状況で交通事故に遭った場合、必ずしもすぐに警察が駆けつけて加害者が逮捕され、事件化されるとは限りません。よくあるのが、加害者が勝手に事故の程度を判断して、特に問題なさそうだということで走り去ってしまうというケースです。

もし事故によってけがを負っていた場合、加害者は逃げ得になってしまいます。それを防ぐためには告訴状の提出を検討すべきでしょう。

被害程度が軽いひき逃げ事故だと警察はあまりきちんと捜査してくれないかもしれない

交通事故の加害者が現場から走り去ってしまうケースには、二つの心理的な要因が考えられます。まず、被害者が明らかに重傷を負っている、または死んでしまったように見えて、怖くなって逃げるというもの。もう一つは、自分としてはちょっとぶつかった程度で、被害者は大したけがもしていないようだし、大丈夫だろうと判断して立ち去るというものです。

前者のケースでは、当然、悪質なひき逃げ事故ということになり、すぐにでも警察が捜査を始めますが、後者の場合、警察はなかなか動かないことがあります。特にけがの程度が相当軽いという場合は、すぐその場で警察に通報しても、捜査をしてくれるかはかなり微妙です。

特に、事故を起こしたのが自動車やオートバイではなく、自転車だと、警察の反応はかなり鈍くなってしまうかもしれません。というのは、自転車が歩行者にぶつかったという事故の場合、自動車での事故のように、壊れた車の破片や自動車のナンバーといった決定的な証拠がまずなく、逃げた犯人を見つけるのは相当困難だからです。

警察は基本的に、被害者が亡くなったり、重体になってしまったなど、被害程度が重いひき逃げ事故を優先して捜査するので、被害程度が軽いにもかかわらず、捜査が非常に難しいという自転車のひき逃げ事故は後回しにしがちです。

事故直後、加害者に逃げられないようにするには

自転車による事故で犯人の逃げ得を許さないためには、まず、自転車がぶつかってきて、そのまま走り去ろうとした場合、大きな声をあげるようにしましょう。「あの人、ひき逃げです」とか「あの人を捕まえてください」などの言葉を大声でいえば、周囲の人間が必ず自転車で走り去ろうとしている人間に注目するでしょう。

仮に、そのまま逃げていってしまったとしても、目撃者が非常に多く、警察としては犯人を検挙しやすくなるので、きちんと捜査してくれる可能性が出てきます。また、大したことはないだろうという判断で加害者が現場を立ち去ろうとした場合であれば、被害者に大きな声を出されることで状況を再認識し、自転車を止めてくれるかもしれません。

自転車をぶつけて歩行者にけがをさせてしまったという事故の場合、けがの程度が軽ければ、当人同士で話し合って示談で済ませられる可能性が高いです。しかし、逃げるつもりはなくても、現場を立ち去ってしまえば、後々、警察に逮捕されることもあり得ます。

加害者がそれをきちんと理解していれば、被害者が声を出すことで誠実に対応してくれるでしょう。

ひき逃げ事故に遭った翌日以降に痛みが出てきたら?

自転車にぶつけられたときは、あまり大したことはないと思い、加害者がそのまま走り去っていくのを見送ったが、翌日以降、痛みが出てきたという場合はどうすればいいのでしょうか。まず、事故直後は痛みがなく、しばらく時間がたってから痛みが出るということは十分あり得ることです。

というのは、体内においてエンドルフィンと呼ばれる鎮痛剤のようなものが分泌されることがあるからです。実際、航空機事故に遭った被害者が、墜落後、明らかに自分の体が骨折しているように見えたり、体の一部分から大量の出血があるにもかかわらず、まったく痛みを感じなかったと証言することがあります。

ただ、エンドルフィンは事故に遭ったら必ず分泌されるというわけではありません。自転車がぶつかってきたら、ほとんどの場合、痛いと感じるでしょう。エンドルフィンが分泌されて痛みが麻痺するのは、相当な衝撃により体がダメージを負った場合であり、たとえば、自転車が突っ込んできて坂を激しく転がり落ちたが、特に痛みはないといったときはエンドルフィンにより一時的に痛みが消えているだけで、家に帰ってから痛みが出てくる可能性が高いです。

こういったケースでは、事故からしばらく経ってから通報するということになるので目撃者を見つけるのが難しく、警察は「捜査は難しい」といってくるかもしれません。その場合、消極的な警察に捜査をさせるために、告訴状を提出するといいでしょう。

事故後に警察に提出できるものとしては被害届もありますが、これは単に「こういう被害がありました」という警察に対しての報告でしかないので、警察がそれを受理しても、必ず捜査してくれるとは限りません。しかし、告訴状の場合、受理したら警察は必ず捜査を行います。

そのため、警察にきちんと捜査してもらって、加害者を捕まえてほしいというのであれば、被害届よりも告訴状の方がいいのです。

告訴状を受理してもらうために

ただ、警察は簡単に告訴状を受理することはありません。というのは、どんな内容の告訴状でも受理してしまうと、「あいつが嫌いだから」といった理由による言いがかりのようなものや、明らかに提出者の思い込みだろうというようなものにも、人員を割いて捜査しなければならないからです。

警察はそんなに暇ではなく、また、人も大勢いるというわけではないので、「これは捜査の必要がある」というものを吟味して受理するようになっています。したがって、交通事故に遭って告訴状を提出する場合は、病院の診断書など、被害を受けたことがはっきりとわかる証拠を添付するといいでしょう。

告訴状が受理され、警察が捜査を始めれば、事故現場に設置されていた防犯カメラの録画データなどを見られるようになるので、目撃証言がほとんどなくても犯人を逮捕できる可能性は十分あります。

⇒高校生に多い自転車による交通事故の原因

弁護士に依頼すれば告訴状の作成と提出をやってもらえる

告訴状をどのように書いていいのかわからないという場合は、弁護士に依頼するといいでしょう。提出も弁護士が行うことで、警察にプレッシャーをかけられるという意味でも効果があります。また、行政書士も告訴状の作成と警察に対しての提出を行うことが可能です。

ただ、告訴状を提出したあとに加害者が捕まった場合、示談交渉や裁判が待ち受けているということを考えると、すべてを弁護士に一任してしまった方が簡単といえるでしょう。